田舎の中古物件の土地面積

Posted by in 失敗しない土地

私は地方の出身です。今は東京に住んでいるのですが、来た当時は家賃も高いし、地元とは比べ物にならないと思っていました。でもそれが日本の主要都市である東京なんだなと思います。しかし地元では賃貸物件の家賃はすごく安いし、また建売などの物件も土地を含めて考えてもすごく安いと思います。また中古物件の家を買おうとすると広い土地も一緒になっていることが多いです。古くからある家は地方に行けば行くほど土地が広く取ってあるので十分すぎるというくらいあります。それに土地単価も安かったりするので比較的手に入りやすいとも思います。
なので私は中古物件でも十分だと思います。築年数が古ければ5LDKの物件で駐車も2台は確実にでき、スペースが余るくらいの場所でも1000万円台で買えたりします。そう考えると賃貸を借りてずっと住み続けるよりは中古物件でも買って自分の資産にするほうがいいと私は思います。それに中古物件でも今ではリフォームが気軽にできるような時代なので新築にこだわる必要もないと思います。たしかに新築にも最初から自分たちの家という感情も湧くし、新しくて新鮮さがあっていいとも思いますが、中古の物件でも手入れをすれば十分に住めて、木のぬくもりを感じられることもできるし、より安く自分の家を手にすることができるのはすごく魅力的だと思います。
家はきちんと建ててあれば何十年と持ちますから、いい家を見極めるという力も必要だと思います。新築でも欠陥住宅があるという話も聞くくらいですからそうなるくらいなら、中古物件がいいと思います。

Read More

土地は商品や製品ではありませんので中古はありません

Posted by in 失敗しない土地

土地は生活するための土地だけに限らず原野や山林があります。ですから土地には新品と中古という定めがないことになりますが敢えて言うならば原野や山林という事になります。原野や山林は前代未踏の土地がありますが、そのような場所を購入しても生活などで利用する事は不可能です。課題の表記で敢えて言うならば、こういう場所という事になります。そのような事で土地に商品のように中古はありません。
宅地であれば新規に購入して住宅などを建築し、利用が無くなりますと経験劣化で没することになり、行政の判断で、次の購入者に土地が渡ることになりますので、再度、住宅建築などに利用されることになります。しかし最初の購入者を新品とは言わなく、その時代の土地の公示価格により決まることになります。その土地の値段は山村と都市部により異なることになりますが人口の集中する場所では人が利用する施設が多いですので、土地の値段も並行して高くなって行きます。
ですから土地の値段は、その時代の景気状況により判断されることになり宅地や都市部の値段が決まることになります。現在は不況ですので全国的に建物や土地価格は下降しています。しかし住居や店舗などに人が利用していますので空き地でない限り利用は不可能です。都市部に空き地があったとしましても庶民では取得は資金的に困難です。そして郊外や山村では生活するのに不便ですので安い土地があっても購入を控えるのが現実です。

Read More

土地付きの中古住宅のリフォーム

Posted by in 失敗しない土地

一戸建てを購入しようと探していると見かけるのが、中古一戸建て土地付きというものです。そういった物件を見ると、いろんなことを考えてしまいます。例えば、その中古の家がリフォームされているのであれば、そのまま住むことが出来そうですので、とてもいいと思います。しかし、リフォームをされていなかった場合はどうなるでしょうか。その土地にはすでに家が建っていますので、その家を自分でリフォームをしてつかうのがいいのか、それとも家をすべて取り壊してしまい、そこに自分の思うような新築を建てる方がいいのかどちらがいいのでしょうか。
例えばリフォームをするとなると、どこまでリフォームをするかによって、金額は大きく変わってきます。水回りだけを変えるのであれば、家全体をリフォームをすることを思えば安くはすみます。しかしそうではなく、完全に取り壊して立て直す場合です。この場合は、まず取り壊しの費用が発生します。これは、自分が想像しているよりも高いものだと考えていたほうがいいかもしれません。家の立地条件などにもよって変わってきますが、数百万円くらいはするものです。そうなると、それに付け加えて新築する費用が必要になるのであれば、新しい場所に新築を建てたほうが安くつく可能性があります。そう考えると、どちらの方がいのかというのは、自分がどこまで変えようと思うかだと思います。中古の家でもリフォームも全く考えていないのであれば、リフォームに関するお金は必要ありません。しかし、建て替えを考えるのであれば、中古の物件は購入しない方がいいのかもしれないと思います。

Read More

中古住宅は土地込みでお得

Posted by in 失敗しない土地

戸建て住宅の販売方法として、中古住宅が近年人気が出ているように見えます。中古住宅として販売せれる物件数も多いですし、中古とはいえ生活するのに支障がない程度にリフォームがなされていてきれいですし、一戸建て住宅の取得方法としてはお得感があると思います。そうは言っても、せっかく戸建ての住宅を持つのであれば自分の思い通りの家を建てたいけど、新築で建てるほどの金銭的なゆとりがまだないという様な人であっても、中古住宅は土地代も含めてのこの値段であるという様に考えてみてはどうでしょうか。
住宅と言うのは消耗品ですから、年月の経過とともに傷み、やがて建て替えが必要になってきます。ですが、土地はそうではありません。開発などで周囲の状況が変わって地価が変動する事はあるにせよ、建物が古くなって壊しても、またその場所に新しく建てる事は出来ます。このため、古い中古住宅だけど土地の場所は良い物件はおすすめです。小さいお子さんを持つ若いお父さんお母さんには更におススメで、お子さんが汚したり傷をつけたりして住宅を傷めてしまう年齢の時期は古い家で暮らして、その間に貯金をして落ち着いた頃に新しい家に建て替えれば、家族構成等も落ち着いているので無駄もありません。確かに住宅を壊すという行為は余分に出費がかさむとは思いますが、多額のローンを組んで利息の支払いが大きくなる事を思えば、最初に中古住宅を割安で購入しておいてというやり方は無駄な経費を抑えることにもなると思います。

Read More

土地として販売されている中古住宅物件

Posted by in 失敗しない土地

不動産会社の取り扱い物件の中には、中古住宅であるのにもかかわらず、住宅物件としてではなく、土地物件として売られている場合があります。正確に言うと、住宅は建築後30年以上の歳月が経過している木造建築住宅であり、いわゆる資産価値がゼロと評価されている建物です。木造建築の建物が、その耐用年数が30年と定められていることから、建築後30年以上が経過してしまったことで、資産価値がゼロとなり、その結果として、不動産として販売されるとしても土地のみの価格にしかならない、というわけです。ただし、それは販売者にとっての都合とも言えます。なぜならば、土地だけの取引であれば、購入者は建物を建てることが出来ます。しかし、すでに何かしらの建物が存在しているとなると、土地の購入者は、いったんその建物を取り壊してからでないと、何も建築する事が出来ないのです。なお、建築後30年以上の歳月が経過して資産価値ゼロと評価される木造建築住宅は、古屋と呼ばれています。
建築後30年以上の歳月が経過した事で資産価値がゼロという評価になってしまう木造建築住宅が古屋です。古屋の存在している土地は、購入者が取壊し費用を負担します。もちろん、まだまだ十分に住めると判断できれば、そのまま入居しても良いのですが、現実には、リフォームが必要である場合が多く、それならば建て替えた方が良いと判断されるようです。取壊し費用が掛かりますが、すでに土地だけでは入手困難となっている住宅地や分譲地の場合が多く、取壊し費用を上乗せして考えても、十分にお買い得と言える場合があります。さらに自分で費用負担で更地にするわけですから、土地診断も容易に出来ます。土地診断は、地盤調査の事です。不動産会社の情報を鵜呑みにするのとは違って、自分で所有権を得た土地を土地診断、地盤調査をしてもらうと、すべてのデータを入手できるのも嬉しいポイントです。自分好みの土地に、その強度を高める事が出来ます。

Read More

名義について

Posted by in 失敗しない土地

売却されている土地を取得した場合や、法定相続人として土地を相続した場合は、対象となる土地の名義を変更する必要があります。
名義を変更しないと、法律的には所有者は前の人物となります。

土地の名義変更とは、所有権を移転することで完了します。
所有権は登記簿に登録されている権利のことで、法的根拠を持つものです。
反対に所有権を移転していないと、土地を購入したとしても法律的には認められません。

では土地を法定相続分として相続する場合の名義変更について学びましょう。
登記簿で所有権を移転する際に必要となる書類が「非相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」と相続をする人物の「戸籍謄本」現在住んでいる場所の「住民票」です。
そして相続する土地の「固定資産評価証明書」です。
遺産分割の場合は上記の書類と、相続人の「印鑑登録証明書」、「遺産分割協議書」が必要となります。
これらの書類に不備がなければ、登記簿で移転して完了となります。

Read More

故人の財産を相続する際に

Posted by in 失敗しない土地

故人の財産を相続する際に、土地が含まれていることはよくあります。
この場合、法定相続人全員で遺産分割をすることになりますが、遺産としての土地を分割する方法には4書類あります。
ではそれぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

複数の法定相続人でそのまま土地を相続する場合は「共有」となります。
共有とすると土地を手放さなくても済むというメリットがあります。
ですが、法定相続人全員で相続するため、トラブルの発生の可能性も考えられます。
また、土地の売却や賃貸の際は、法定相続人全員の合意が必要となります。
そして、「換価分割」では、土地を均等に分割するためトラブルは起こりにくくなりますが、土地を現金に変換してしまうため、完全に土地を手放すことになります。

そして代償分割は、相続する人物以外は土地を手放すことになります。
ですがその代償として現金を得ることができます。
そのため相続する人物は一人で現金を用意する必要があります。
また、分筆では明確に土地を分割するため、トラブルの発生は低いでしょう。
ただし、土地を分割してしまうため、土地の評価額が下がる可能性があります。
このように相続土地分割には4種類の方法がありますから、どの方法が適しているかをよく検討しましょう。

Read More